探偵事務所無料相談

問題解決の糸口は?
探偵事務所に無料相談!

トップページ > ストーカー対策_弁護士

「ストーカー対策_弁護士」で検索された方へ。

最近あの人の行動がおかしい…。思い当たる節が無いのに急に連絡が取れない…。もしかして騙されてる!?そんな不安・悩みを抱えている方のために、浮気調査、素行調査、結婚調査、身辺調査、行方調査に対して高い解決実績を誇る探偵事務所を紹介しています。

最近気になっているあの件の真実を確かめたいと考えている方へ

  • 大切な人から最近会う約束を断られる・連絡がなかなか取れない
  • 結婚相手が免許証や身分証などを見せたがらない
  • 親や友人を紹介してもらえない
  • お金に困っているという話をよくされる・お金を貸したら連絡が取れなくなった
  • 何の脈絡もなく音信不通になった

上記のチェックリストに気になる点があった場合、何かのトラブルに巻き込まれている可能性があります。

もちろん、全ての項目に当てはまるからといって必ずしも事件性のあるものだとは言い切れません。

ただ、どうしても信じられない、安否が気になるということであれば、真実を明らかにするために行動するというのも大切な選択肢の一つです。

探偵は身辺調査や素行調査(行動調査)、行方調査のプロフェッショナルですので、調査対象にばれることなく事件性の有無を見極めることができます。

もしあなたや大切な人が犯罪に巻き込まれていたり騙されようとしていることが発覚した場合でも、大手の探偵事務所であればその後の対応も慣れていますし、弁護士と連携しているところがほとんどです。

少しでも不安があるという方は、まずは無料相談をしてみることをおすすめします。

問題解決の糸口は?
探偵事務所に無料相談!

解決実績10万件以上!
評価相談店舗
★★★★★無料全国18拠点
  • 調査実績43年
  • 法律に則った安心の探偵事務所
  • 日本最大級の調査員数
  • 全国主要都市に18拠点
  • 電話相談は24時間365日対応
  • 最新鋭の調査機材
  • 安心の料金設定・クレジットカード決済対応
  • 調査後のアフターフォローも万全
  • テレビ番組への調査協力多数

【優秀な失踪人捜索解決実績】
原一探偵事務所は、テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」をはじめ、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」等で、様々なケースの失踪人や行方不明者を捜索し結果を出してきた信頼と実績があります。

【安心の価格設定】
原一探偵事務所は必要経費が全て込みの安心プランとなっています。お見積もり以外の追加料金は一切いただきません。


お客様満足度98.6%!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国11拠点
  • 弁護士推薦の探偵社
  • 業界初の成功報酬・後払い制

【弁護士推薦の探偵社】
HAL探偵社の徹底した調査力と、厳しいコンプライアンスを認められ多数の弁護士が推薦しています。 また、HAL探偵社で調査された方はご相談内容に合った弁護士を無料でご紹介します。

【解決率87.2%】
経験豊富な人探し・行方調査専門スタッフが24時間体制で対応します。全国のネットワークと高い調査力を駆使し対象者を早期発見に導きます。


即日調査も対応!
評価相談店舗
★★★★☆無料全国5拠点
  • 追加料金一切なし
  • 社団法人日本調査業協会加盟

【裁判所指定の書式】
探偵社FUJIリサーチの報告書は裁判で使用できます。(「いつ・どこで・誰が・誰と・何をしたか?」の詳細を明記し、証拠画像や動画を添付した書類。)

まとめ

最近少し行動がおかしい…。思い当たる節が無いのに急に連絡が取れない…。もしかして騙されてる!?そんな不安・悩みを抱えている方のために、浮気・素行調査、行方調査に対して高い解決実績を誇る探偵事務所を紹介しています。

ストーカー対策_弁護士の方向けはじめての探偵Q&A

探偵事務所に相談を依頼したいけど一歩踏み出せないという方、悪徳な探偵事務所に引っかかりたくない方、まずは探偵事務所についてそして行方調査・素行調査について知ることからはじめましょう。

Q.費用が相場より安い探偵事務所は信用できますか?

A.依頼前の料金見積りと、契約内容の確認を必ず行いましょう。

相場より安い探偵事務所に惹かれてしまう気持ちは理解できます。ですが、探偵業界では誇大広告がはびこっており、見積金額に上乗せして調査費用を請求してくる探偵事務所も少なくありません。 見積もり段階では一番安くても、最終的に高額になってしまっては意味がありません。

見積金額以上の金額を請求しないと明言している探偵事務所や、追加調査の際には必ず事前に了解を得るといった探偵事務所を選ぶことをお勧めします。

Q.探偵が調査内容等の秘密を洩らす可能性はありませんか?

A.業者によっては可能性がゼロとは言えません。

探偵業は調査業務上で知り得た情報を第三者へ洩らしてはいけないと探偵業法で秘密厳守を義務付けられているのですが、悪質な探偵事務所によっては徹底されていないのが実情です。 外部へ洩れるケースは、情報管理が不十分、探偵業者が故意に漏らす等様々です。 個人事務所や小さな探偵事務所の全てが危ないというわけではありませんが、やはり信頼と実績のある大手探偵事務所に依頼するのが安心と言えるでしょう。

Q.探偵が調査を失敗したら返金されますか?

A.各探偵事務所によって異なります。

返金対応については、各探偵事務所によって方針が異なります。

1.全額返金される

2.調査した分の料金を差し引き、残金が返金される

3.返金されない

探偵事務所によっては成功報酬・後払い制を採用しているところもあります。

解約や返金に関しては、探偵業者は必ず事前説明をする義務があり、調査を行う前の段階で必ず説明をされます。 解約や返金についての説明をしない、はぐらかすといった探偵事務所に依頼するのは止めましょう。

Q.相談したら契約しなければいけませんか?

A.いいえ。

契約は希望の方のみですのでご安心ください。また、相談の上で調査が必要ないと判断された場合も受託されない場合があります。 行方不明・失踪・家出人捜索はスピードが重要ではありますが、焦る気持ちを利用し契約を無理やり迫ってくるような探偵事務所は避けましょう。

Q.解決の糸口となる情報とはどういったものですか?

A.氏名、生年月日、顔写真など。

氏名や生年月日はもちろんのこと、住所(現住所、本籍地、過去の居住地等)、会社(職場の住所等)、写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真)、携帯電話番号、趣味嗜好、持ち出したと思われる所持品(免許証やキャッシュカード等)、 失踪調査などの場合であれば、失踪時の所持金、銀行口座の金額の変動、異性・友人関係、パソコン内の情報、書置きなど、些細な情報でも1つでも多くの情報を提供することで早期発見に繋がります。

Q.結婚詐欺の被害に遭ってしまった場合はどうすればよいですか?

A.探偵に相談しましょう。

最初から警察に相談するのも間違いではないのですが、警察は詐欺事件と断定されるまでなかなか動いてくれません。そのため、まずは探偵に相談し証拠集めが必要となります。 その後は警察に詐欺被害を届け出るか、弁護士に慰謝料の相談をするか決めましょう。

Q.素行調査・行方調査を自分で行う方法を教えてください。

A.おすすめしません。

素行調査・行方調査を自身で行うことはおすすめしません。何故ならバレやすくリスクが高いからです。 相手が偽っておらずあなたの行動が見つかってしまった場合、今度は相手があなたを不審に思うでしょうし、そのことが切っ掛けで破談になる可能性もあります。そして相手が結婚詐欺師だった場合は、あなたの身に危険が及ぶ可能性も否定できません。

探偵の基礎知識コラム

気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。



厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに体の関係を持つことを指します。不倫であればパートナーとその交際相手に賠償を請求することが可能です。先回りして探偵に依頼して配偶者の浮気の証拠をおさえ、多額の賠償を請求することによって冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるような利用法も少なくないです。探偵に依頼される案件のほとんどは、パートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。奥様の第六感的にあやしいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。パートナーはもちろん、浮気相手から慰謝料をもらおうと思ったら、確実な裏付けが必要ですから、仕事慣れした探偵に頼むのが一番だと思います。

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、浮気の追跡調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。一番多い手法としては、まず、対象の追跡を行います。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、ここぞという日時に限定して追跡し、証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、それが元で不倫が判明するといったケースが増えています。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新しているときは、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていることも考えられます。配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料と言えるかもしれませんね。
配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で浮気の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、話を進展させるうえで役に立つでしょう。
配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。


多少出費はかさみますが、体の関係があると思われるような写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。



先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。



時効といって、浮気の相手が判明してから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年と規定されており、それ以後は時効です。

時効が迫っているときは裁判に訴えることで、時効はなくなります。期限まで間がないときは、訴訟することを検討してみるべきです。子供のいる親が離婚する時は、不倫していた親のほうは子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。
裁判上の親権の判定では、同居の有無やどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを考慮します。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられているわけです。


一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、探る相手が顔見知りですから、追跡が発覚しやすいばかりか、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もはらんでいます。

興信所の調査員に依頼すると、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に証拠を集めることができるのです。

ストーカー対策_弁護士の方向け探偵お役立ち情報

問題解決のためのご相談なら
原一探偵事務所がおすすめ

ストーカー対策_弁護士で結婚詐欺のご相談は探偵事務所へ